家を追われ、職もない…サブプライムショック拡大の現実 : 国 ... | ceifb4 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

家を追われ、職もない…サブプライムショック拡大の現実 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

返信
 中古のワゴン車の中で一人暮らしを続けるガイ・トレバーさん(53)は悲嘆にくれる。

 04年に四つの寝室がある2階建ての住宅(158平方メートル)を25万ドルで購入、その後、住宅の価値は40万ドルにまで上がった。担保価値が上がったことから06年にローンを借り換えた。返済額は倍に増えたが、「資産価値も上がり続けているので不安はなかった」。

 しかし、住宅の価値は約半分に急落。住宅不況で、インテリア・デザイナーの職も失った。昨年7月、自宅を差し押さえられ、妻と2人の子供とも別居した。「金もないし、仕事もないし、希望もない」

家を追われ、職もない…サブプライムショック拡大の現実 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

投稿者 ceifb4 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.